FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産卵セット。

今日、先日ペアリングしたヘラクレスのメス①の産卵セットを組みました。
ケースは大プラケースです。
マットは下から5cmは足でよく踏み固めて、その上5cmは手で押し固める感じに、さらにその上は5cm程手で軽く押さえる感じでセットしました。
メス①の体重も測ってみました。現在、体重は16gです。今後、体重の変化も記録していけたらと思います。
この産卵セットで成功してくれるといいのですが・・・しばらく様子を見ようと思います。
スポンサーサイト

ありがとう。

8月30日にうちに来たコーカサスのオスが亡くなりました。亡くなったのは昨日から今日にかけてだと思います。最近はエサを食べる量も減ってきていて、それなのに動きが活発だったのでだいぶ辛かったんだと思います。フセツは右前脚と左後脚のものが取れていました。
このコーカサスはうちに来てからちょうど2ヶ月生きていてくれたことになります。その前はお店で1ヶ月くらい経過していたと思うので、野外採集であることを考えると、原因はきっと寿命だったのではと思います。
このコーカサス、元気な時はとてもよく動いていて、その雄姿をたくさん楽しませてもらいました。ありがとう。

カブトムシやクワガタって、亡くなる少し前に突然活発になるときがあるように思います。これはきっと、最後に少しでも子孫を残しておきたいという、強い本能の現れなのかもしれませんね。

ヘラクレスのペアリング。

昨日、ヘラクレスのペアリングをしました。5月羽化122mmのオスと①のメスです。メスは後食開始から1ヶ月程度経過していて、ケース内をよく歩き回ったり飛んだりしていたのでペアリングしてみました。
20時20分頃メスのそばにオスをおくと、20時40分頃交尾体制になりました。メスは特に暴れることもなくスムーズでした。
交尾時間は約1時間半。24時10分に終了しました。数日間様子を見て産卵セットを作ってみようと思います。

実は、10月21日頃からこのオスと②のメスで2回ほどペアリングを試みていたのですが、メスが逃げて拒絶していたため、もう少し様子を見ることにしました。メスの方がきっとまだ成熟していなかったんだと思います。
成熟の目安はケース内をブンブン飛んだりすることだと思います。

番号をつけてみました。

現在ヘラクレスのメスが3頭いるので、それぞれに番号をつけました。

①8月30日にうちにきて9月27日に後食を開始したもの
②9月24日にうちにきて9月24日に後食を開始したもの(本当はもう少し前に後食開始していたと思う)
③9月24日にうちにきて10月4日に後食開始したもの

以上のようにつけました。本当は何か名前をつけたかったのですが、今は便宜上ということで番号にしました。
大きさは①と③が65mm弱、②が55mm強くらいです。

新しい仲間。

昨日、新たにヘラクレス・リッキーの幼虫を2頭うちに迎えました。2頭ともエクアドル・ナポ州産のF2で、今年の10月孵化の幼虫です。まだプリンカップから出していないので定かではないですが、今月の孵化なのでおそらく初齢だと思います。とにかく無事に成虫になってほしいです。

残念ながら。

この前孵化したミヤマの幼虫ですが、残念ながら亡くなったしまいました。やはりミヤマは難しいですね。原因はおそらく一定した温度管理ができなかったこと、そしてマットの粒子が多少粗めだったこと、さらに卵の状態で産卵セットから回収してしまったことの3点だと思います。
他の卵の様子を見てみましたが、やはりダメでした。ミヤマは今回はこれで飼育終了となります。

今後、ミヤマを飼育する機会があったら、

・20℃前後の温度を一定に保つこと。
・微粒子マットを使うこと。
・産卵セットからの回収はケースの外から幼虫が見えるようになってから行うこと。

以上のことに気をつけて挑戦したいと思います。ミヤマは魅力的な虫なので、ぜひ累代を成功させたいです。

マット交換。

今日はエレファスに続いてアトラスもマット交換しました。9頭まとめて飼育している中プラケースです。ケースから出してみるとみんな3齢に加齢していました。一番大きそうな幼虫の体重を計ってみたところ、15gでした。国産カブトの2分の1といったところですね。
マットの交換は糞だけ取り除いて新しいマットを少し足そうと思っていたのですが、マットをケースから取り出してみると劣化が激しく、とても使えそうになかったので、9割ほどを新しいマットに交換しました。これからはマットの管理にもっと気をつけなくてはなりませんね。

マット交換。

今日はエレファスのマット交換を行いました。いつものように交換のついでに体重測定もしました。現在、89g。前回から17gも成長してくれました。体色は若干黄色くなってきたくらいなので、まだ成長するでしょう。これからも健康を保ち続けられるよう飼育していきたいです。

虫の仕草。

うちで飼育しているかぶくわ達を見ていると、彼らが実にいろんな仕草をしていることに驚かされます。
最近一番印象的だったのは、エサであるゼリーやバナナが前足についてしまったとき両方の前足を上手に使って汚れを落としたり、口のブラシについた余分な汚れを前足で拭き取ったりしていたことです。 
長い時間彼らを見ていると本当に様々な動作をしています。汚れを拭き取ろうと思うのは、きっとその汚れが不快だと感じているからなんだと思います。彼らは人間やほかの動物と同じようにいろんなことを感じながら生きていると思います。せっかくうちに来てくれたのだから、大切に世話をしてあげたいですね。

孵化。

今朝、ミヤマのプリンカップの卵を確認してみたら1頭孵化してました。見た時は孵化直後だったようで体色が白っぽかったが、夕方確認したところ大顎が茶色く色づいてきてだいぶしっかりしてきたと思う。
先日孵化した幼虫は残念ながら亡くなってしまいました。孵化してから数時間経っても頭部が色づくことなく白いままだったので心配だったがやはり無理だったようです。その状態でも数日間生きていてくれたのは嬉しいことですが・・・。
今日孵化した幼虫は早く大きくなって逞しく育ってほしいです。先ほど(20時くらい)様子を見たら幼虫が卵殻を食べているところが観察できました。

アトラスのマット交換。

今日はアトラスの幼虫のマット交換をしました。大プラケースに19頭入れていたため、だいぶ窮屈そうだったのでマットを交換するついでに7頭を小プラケースに移動させました。幼虫はすべて2齢でした。やはり窮屈な環境だったので加齢が遅れてしまったのかもしれません。でも、こんな環境でも体色を見た感じみんな元気そうで安心しました。

体重測定。

今日はヘラクレスの幼虫の体重測定を行いました。マットにカビが生えて劣化してしまっていたので交換のついでに測定しました。前回の交換からまだ1ヶ月経ってないですが・・・。
体重は、オスが70g(前回より+8g)、メスが62g(前回より+5g)と56g(前回より+5g)でした。メスの方は体色がずいぶん黄変してきました。今月中旬で割り出しから9ヶ月経つのであと少しで蛹化するかもしれません。そのことを考えて一応、メスの方はマットを堅めに詰めておきました。もしかしたらあと1回くらい交換が必要かもしれませんが・・・。どちらにせよ、このまま無事に成虫になってほしいです。

ヘラクレスの羽の色。

ヘラクレスの羽の色の変化について、湿度が原因で変色が起こるという記述をよく目にするが、そのことについて少し疑問に思うことがある。
うちで飼っているヘラクレスのオスは2頭いるが(2008年1月羽化と2008年5月羽化)、双方の羽は最初は鮮やかな黄色だったが、月日が経つにつれてだんだんと黒くなってきた。1月羽化の方は今はもう真っ黒である。飼育環境は割と乾燥気味で、水分を含むものはエサであるバナナとゼリーのみだと思う。
ヘラクレスの羽の色の変化の原因については現段階ではまだ定かなことはわかっていないらしいので、うちでも細かい観察を継続していこうと思う。何か気付いたことがあれば記載していきたいと思います。

卵の確認。

今日、9月28日に採卵してプリンカップで保管していたミヤマの卵の様子を見てみた。このときは14卵採卵していたが、今日確認できたのは先日孵化を確認した初齢幼虫1頭と卵1個だった。他の12個の卵はすべてへこんでしまっていた。
現在孵化が確認できている幼虫はこの1頭のみだが、今後も健康に大きく育ってくれるよう、大切にしていきたいと思う。

昨日の夜から。

昨日の夜からヘラクレスのメスが3頭とも活発に活動し始めた。昨日の夜は少し気温が低かったから、快適だったのだろうか。それとも外が雨だったからだろうか。野生でのヘラクレスの生態として、雨が降った後によく活動することが知られているらしい。
どちらにせよ、転倒してそのまま起き上がれないと危険なので、3つのケースすべてに転倒防止用として朽木を入れておいた。

3回目の採卵。

昨日の夜、ミヤマのメスが亡くなってしまいました。8月の末にうちに来てから、1ヶ月以上生きていてくれたことになるんですね。
産卵セットは一昨日確認したばかりでしたが、今日改めて採卵してみました。結果、卵が2つ見つかりました。このメスは1ヶ月の間に合計18個の卵を産んでくれたことになります。お疲れ様でした、ありがとう。残った卵が1つでも多く孵化するように頑張ります。

2回目の採卵。

今日は国産ミヤマの2回目の採卵を行いました。今回は2卵採れました。このうち1つは色、形ともにちゃんと孵化してくれそうです。
メスは今のところ元気そうなので、できるだけ長生きしてほしいです。

後食開始!

9月24日に来たメスが今日の午前11時ごろ、ゼリーを食べ始めました。夕方の6時過ぎに見たときは完食していたので、ゼリーをもう1つ追加し、今もそれを食べています。
8月30日に来たメスは後食開始後しばらく食べない時期が続いていたが、昨日の夜に試しにゼリーにくっつけてみたところ、今朝には完食していました。今はゼリーの隣に置いてあったバナナを食べてます。
とにかくみんな無事でよかった!

コーカサスの幼虫。

9月28日に、マレー産コーカサスの幼虫をうちに迎えました。6月割り出しのWF1です。大きさから察するとたぶん3齢かな。この先も元気に成長していってほしいですね。

コーカサスのペア。

少し前のことだが、8月30日に近くのスーパーからジャワ産コーカサスのペアをうちに迎えた。おそらく野外採集のものと予想し、1度だけペアリングをしてメスを産卵セットに入れた。その後1週間ごとに採卵してみたが、数個採れたのみで、それらはすべて孵化しなかった。残念なことにメスも9月中に亡くなってしまい、累代はかなわなかった。
オスは現在も元気なので、今後も長生きしてほしいと思う。

国産カブトの幼虫。

昨年、1ペアの国産カブトから20頭の幼虫をとり、今年の5月から6月にかけて無事成虫に羽化しました。しかし、ペアリングしても卵はとれず、累代はかないませんでした。やはり血の入れ替えが必要だったのでしょうか・・・。
そんな中、9月28日に運よく幼虫2頭をうちに迎えることができました。この幼虫は福島県産のWF1で、9月孵化の個体です。現在1頭はまだ2齢、もう1頭は3齢になったばかりなので、これから元気に大きく育ってほしいです。今のところ、小プラケースで同居飼育しています。

国産オオクワガタ。

だいぶ前のことになりますが、今年の7月に、幼虫から飼育していた国産オオクワガタのメスが羽化しました。大きさは35mmほど。元気ならそれで十分なので厳密な大きさは測定してません。
8月28日にはオスをうちに迎えました。6月羽化の56mmです。
2頭ともとても元気なので、折を見て累代に挑戦してみようと思います。

アトラスの幼虫。

今年の5月11日にうちに迎えたスマトラアトラスのペアから37頭の幼虫がとれました。このペアはもう亡くなってしまいましたが、幼虫たちは大きいものでは3齢なっています。この幼虫たちの卵は5月30日から6月21日にかけて採卵したものです。
少し前のことですが、9月8日と9月9日で幼虫たちをそれまで飼育していたプリンカップからプラケースに移動させました。中プラケース2つに9頭ずつ、大プラケースに19頭の多頭飼育です。
実は外国産カブトの累代に成功したのは今回が初めてなので、この先がとても楽しみです。

孵化。

今朝、何気なくプリンカップを見てみると幼虫が1頭、孵化していた。まだ頭部が白いままなので、孵化後それほど時間は経っていないと思う。他の卵も無事に孵化してくれることを祈ります。

割り出し。

8月28日にセレベスオオヒラタのペアをうちに迎えました。Wildで、オスは92mmあります。翌日29日に産卵セットを組み、メスのみを入れました。産卵セットはカブトムシ用のマットに吸水させた産卵木を埋め込んだものです。
最近、マットのカビが目立つようになってきたので、9月29日に割り出しを行いました。が、結果はゼロ。近いうちにペアリングをして、再度産卵セットを組みたいと思います。7年ぶりのセレベスなので累代は成功させてみたいです。

体重測定。

9月19日はエレファスのマット交換のついでに体重を測定した。この幼虫はメキシコ・カマテコ産のF4で、割り出しは2008年1月である。
で、体重は71g。このまま無事に健康に羽化までいってほしいです。

割り出し。

この夏は久しぶりに国産ミヤマに挑戦することにしました。北海道夕張市産のWildのペアを8月28日にうちに迎え、29日に産卵セットを組みました。オスの大きさは65~67mmです。
産卵セットはカブトムシ用マットの上部に吸水させた産卵木を埋め込んだものです。さらに保冷剤を飼育ケースの上に置いて温度管理を行っています。
最近になってケース内の小バエが目立つようになってきたので、少し早いが9月28日に産卵セットの割り出しを行った。結果は14卵回収。卵は現在プリンカップで保管しています。無事に孵化してくれたら嬉しいなぁ。
メスはまだまだ元気なので再び産卵セットに入れました。オスは残念ながら9月29日に亡くなってしまいました。来年以降も元気なミヤマの姿が見られるように、累代が成功することを祈ってます。
プロフィール

メジョメジョ

Author:メジョメジョ
こんにちは。このブログをご覧下さり、ありがとうございます。
ここでは、私の部屋で飼育しているかぶくわ達の飼育記録を日記のように掲載していきます。
どうぞよろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。